google検索 サイト内検索

>>HOME >>事務局 >>広域行政組合規約等


【 御殿場市・小山町広域行政組合規約等 】

○御殿場市・小山町広域行政組合経費の負担割合について
第1条 御殿場市・小山町広域行政組合規約(昭和46年許可)第13条第2項に規定する御殿場市小山町広域行政組合(以下「組合」という。)に係る経費の負担割合は、次のとおりとする。
 (1) 議会費、総務費及び常備消防費  
平等割 10 人口割 90
100 100
 (2) 斎場費、塵芥処理費、し尿処理費及び予備費
人口割 100
100
前項において人口割の基準となる人口は、経費を負担する年度の前年9月30日現在の住民登録人口とする。ただし、御殿場市神山須釜地区の人口については、組合が行っている諸事業を裾野市に委託しているため、住民登録人口から除くものとする。

第2条 前条の規定にかかわらず、次の各号に掲げる事項については、当該各号に定めるところによる。
(1) 公債費 借入年度の負担率によるものとする。
(2) 消防本庁舎新設に係る経費 用地取得費及び建設工事費(本体工事、電気工事及び機械設備工事とし、外構工事及び附属施設を含まない。)の40%の額を御殿場市が負担し、その他を組合が負担する。
(3) 分署及び分遣所新設に係る経費 用地取得費(土地の賃借料を含む。)及び建設工事費(外構工事及び附属施設を含む。)は、当該施設が存することになる市又は町が負担する。
(4) し尿処理場に関する経費 両市町がそれぞれ計画している下水道が一部共用開始した場合は、当該下水道利用人口は、人口割の算定基準から除くものとする
(汚泥処理等のため組合施設を利用する場合を除く。)
   附 則
この負担割合は、平成14年4月1日から施行する。


御殿場・小山町広域行政組合の概要   御殿場・小山町広域行政組合組織図   決算状況
御殿場市・小山町広域行政組合規約   御殿場市・小山町広域行政組合経費の負担割合について
議会議事録

Copyright(C)Gotemba City - Oyama Town Regional Administrative Association. All Rights Reserved.