google検索 サイト内検索

>>HOME >>消防本部 >>イベントで火気器具等を使用する方へ

【 ホテル・旅館等に係る表示制度について 】

概要
 この制度は、ホテル・旅館等の所有者等からの申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令のほか、防火安全上重要な建築構造等の基準に適合しているとみとめられた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。
目的
 表示マークは、防火対象物の関係者の防火管理に関する認識を高め、自発的な防火体制が確立されることを促進し、重要な建築構造等への適合性も含めた防火・防災管理上の一定の基準に適合している防火対象物について、その情報を利用者に提供するための「表示」を行い、利用者の選択を通じて防火安全体制の確立を促すことで、国民の安全・安心を推進するものです。
実施時期
 平成26年12月19日からホテル・旅館等の所有者等から交付申請、消防本部予防課における受付・審査を開始します。その後、建物への表示マークの掲出、ホームページでの表示マークの使用が開始できます。
対象となる建物
 地階を除く3階建て以上で収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む)が対象となります。

※対象とならないホテル・旅館等は「表示制度対象外施設申請」を行い、消防機関の審査を受け、「表示制度対象外施設通知書」により防火基準に適合していることを証明することができます。

 
申請方法
 下記の「表示マーク交付(更新)申請書」により、消防本部予防課へ申請してください。
 なお、申請する際、消防法令のほか重要な建築構造等に関する一定の防火基準に適合していることを示す書類の添付が必要になります。
 また、表示マークの交付を受けた建物については、「表示マーク受領書」に記載の遵守事項を守ってください。  
表示マークについて

(表示マーク 銀)

審査の結果、表示基準に適合していることが認められた場合には、建物の所有者等に「表示マーク(銀)」(有効期間1年間)を交付します。


(表示マーク 金)

3年間連続して表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク(金)」(有効期間3年間)が交付されます。

※なお、表示マークを建物に掲出するほか、ホームページ等に表示マークを掲載することができます。

お問い合わせ 御殿場市・小山町広域行政組合消防本部
   予防課
   電話番号 0550(83)0119


消防本部・署の歴史   主な災害   御殿場・小山消防の組織
御殿場市、小山町の火災・救急の状況   火災概要   10年間の推移
   住宅用火災警報器の設置が義務付けられました
   消防本部・消防署の仕事   消防署の一日   消防車・救急車の紹介
救助隊   水難救助隊   音楽隊
あなたにできること   申請書ダウンロード   消防年報

Copyright(C)Gotemba Oyama Kouiki Gyousei Kumiai. All Rights Reserved.