google検索 サイト内検索

>>HOME >>消防本部 >>熱中症情報

【 熱中症情報 】

熱中症にご注意ください!
熱中症とは、暑い環境によって発生する障害の総称です。
熱中症にはいくつかの病型(日射病、熱痙攣、熱疲労、熱射病)があります。
中でも熱疲労、熱射病には特に注意しましょう。熱疲労は主に脱水により起こり、熱射病は体温の異常な上昇によって起こります。熱中症には死亡事故も発生しています。
熱中症が起こりやすい条件
《環境》 気温、湿度、風が弱い、直射日光などにより周囲の温度が上がると、身体から熱が放出されにくくなり、体温を超えると逆に身体に熱吸収が起こってしまいます。
《運動》 運動をすると筋肉から熱が発生します。特に激しい運動は体温を上げるので、暑い環境下では熱の放出は起こりにくくなります。
《個人》 高齢者、乳幼児、肥満傾向の人、暑さに慣れていない人、体調の悪い人は熱中症を起こしやすいと言われています。
熱中症予防
・暑いと汗をたくさんかきます。汗には塩分も含まれています。こまめに水分(と塩分)を補給しないと脱水状態となり、体温調節する能力が低下します。スポーツドリンクを飲むのがおすすめです。
・暑い季節、特に蒸し暑い日は熱中症になりやすいので注意しましょう。屋外での運動、作業はなるべく涼しい時間帯に行いこまめに休憩を取りましょう。
・暑さへの耐性は個人差があります。特に高齢者や子供は熱中症になりやすいので注意しましょう。暑いときは軽装で外出時には日傘や帽子をかぶりましょう。
熱中症かもしれないと思ったら 熱中症イメージ
・日陰やクーラーのきいた室内など、涼しい場所に移動し休息する。
・衣類を緩めて寝かせる。
・冷たい水で濡らしたタオルを首や脇の下にあて、風をあてて体を冷やす。
・スポーツドリンクや砂糖水+食塩水(水1リットルに砂糖大さじ4と1/2+塩小さじ1/2)などで水分を補給する。
総務省消防庁 熱中症情報

消防本部・署の歴史   主な災害   御殿場・小山消防の組織
御殿場市、小山町の火災・救急の状況   火災概要   10年間の推移
   住宅用火災警報器の設置が義務付けられました
   消防本部・消防署の仕事   消防署の一日   消防車・救急車の紹介
救助隊   水難救助隊   音楽隊
あなたにできること   申請書ダウンロード   消防年報

Copyright(C)Gotemba Oyama Kouiki Gyousei Kumiai. All Rights Reserved.