google検索 サイト内検索

>>HOME >>消防本部 >>御殿場・小山消防の紹介

【 主な災害 】


昭41. 3. 5 富士山麓太郎坊原野に英国海外航空(BOAC)ボーイング
707型機が墜落し乗員乗客124人全員死亡
9.24〜25 台風24号と26号が日本列島を縦断 御殿場市の被害は負傷者2人、住家全壊6戸、半壊382戸、床下浸水多数、罹災世帯2,231世帯、罹災者11,155人、被害総額6億9,109万円御殿場市に初めて「災害救助法」適用
小山町では家屋の倒壊15戸、床下浸水17戸、田畑の流出・埋没33か所、被害総額は3,062万円
昭43. 1.10 御殿場市新橋(御殿場駅前繁華街)から出火 重軽症者8人、焼損棟数18棟、焼失面積1,106u、損害額8,006万円
昭45.11. 2 御殿場市川島田の中学校から出火 焼失面積560u、損害額1,435万円
昭46. 9.22 御殿場市東田中の給油取扱所から出火 死者1人、重軽傷者3人、焼失面積207u、損害額821万円
11. 1 御殿場市駒門(自衛隊前飲食店街)から出火 死者1人、焼損棟数6棟、焼失面積623u、損害額3,017万円
昭47. 2. 1 東名高速道路下り線94.5KPで、車両37台の多重追突事故により出火 死者2人、重軽傷者31人、焼損車両7台、損害額5,500万円
3.20 富士山新2合目付近の雪崩遭難事故により、死者24人、延べ出動人員約4,000人、現場稼働車両等65台
7.12 静岡県東部に集中豪雨 御殿場市では床上・床下浸水138世帯田畑の流出 冠水等672ha、被害総額2億5,393万円
小山町では死者2人、災害出動中の消防団員1人が行方不明、負傷者8人、住家全壊29戸、流失4棟、非住家全半壊18戸
床上浸水210戸、罹災世帯250世帯 罹災者数1,713人、被害総額23億306万円
昭48.11.23 小山町大御神のレース場でレーシングカー事故により出火死者1人、負傷者4人、レーシングカー全焼4台、損害額2億3,679万円
昭49. 6. 2 小山町大御神のレース場でレーシングカー事故により出火死者2人、負傷者5人、レーシングカー4台全焼、レーシングカー3台部分焼、損害額4,328万円
昭50.12. 4 御殿場市大坂の工場(スチール家具製造)から出火 焼失面積
1,440u、損害額1億2,500万円
12.12 御殿場市大坂の工場(シール製造)から出火 機械等を焼失、
焼失面積320u、損害額3,000万円
昭53. 1. 1 御殿場市中清水の神社より出火 焼失面積79u、損害額1,900万円
3.25 御殿場市新橋(新天地OK横丁)から出火。15店舗及び1旅館が焼失、焼失面積777u、損害額4,500万円
昭54. 2.18 御殿場市新橋(御殿場駅前味一番街)から出火。7店舗焼失、焼失面積316u、損害額1,604万円
昭54.10.19 台風20号による御殿場市の被害は、住宅全壊10戸、半壊4戸、
流失1戸、床上浸水42戸、床下浸水810戸で、損害額23億394万円 総雨量300o
この豪雨で米軍キャンプ富士敷地内のガソリン貯蔵袋が破損し、大量のガソリンが立ち並ぶ兵舎内に流入し、ストーブの火により出火、隣接する建物に次々に引火し、死傷者約50人、焼損棟数全焼14棟、半焼1棟、部分焼3棟、延焼失面積1,385u、損害額2,982万円
小山町の被害は、死者1人、住家全壊5戸、半壊2戸、一部破損3戸、非住家全壊4戸、半壊3戸、流失3戸、一部破損1戸、床上浸水33戸、床下浸水129戸、損害総額27億4,823万円、総雨量237o
12.15 御殿場市新橋(駅前中野交差点付近商店街)から出火 焼失5店舗、焼失面積1,342u、損害額1億7,000万円
昭55. 7.24 小山町小山の工場(紡績)で落雷により出火 焼失面積135u
損害額3,378万円
昭56. 9. 5 陸上自衛隊のヘリコプターが御殿場市中畑地先の演習場内に墜落2人死亡
昭57. 6. 8 神奈川県大井町へ行方不明者捜索出動 他57年中に5件の行方不明者の捜索出動
8. 1 台風10号による御殿場市の被害は、住家半壊5戸、一部破損1戸、床上浸水21戸、床下浸水107戸、損害総額18億530万円、総雨量555o
小山町の被害は住家全壊2戸、住家半壊3戸、一部破損35戸、床上浸水7戸、床下浸水84戸、損害総額36億9,850万円総雨量457o
昭58. 3.11 小山町茅沼の公民館から出火 焼損棟数1棟、焼失面積106u
損害額1,152万円
8. 8 神奈川県西部を震源に、M5.8、震度5程度の地震が発生御殿場市では家屋及び石垣等の被害4か所 小山町では軽傷者1人、家屋道路、橋梁、河川、農業施設、農地、文教公共施設、水道、電気通信、企業等157か所の被害、被害総額4億4,775万円
昭59. 9.28 御殿場市茱萸沢の工場で100円ガスライターのガス漏洩により出火 焼損棟数3棟、焼失面積362u、ライター164万個焼失、損害額5,512万円
昭60. 5. 5 御殿場市茱萸沢の工場から出火 焼損棟数1棟、焼失面積427u
ライター216万個焼失、損害額9,031万円
12.13 御殿場市保土沢の工場(車両座席シート製造)から出火 焼損棟数1棟、焼失面積189u、損害額2,836万円
昭61. 3. 8 小山町須走でトラックの積載品が荷くずれ落下し、積載品100円ガスライタ−のガス漏洩により出火 焼損車両1台、ライター15万6千個を焼失、損害額486万円
昭63.10.25 小山町須走の東富士五湖道路籠坂トンネル工事現場で、時限発火
装置により出火、工事車両3台が焼失、損害額268万円
10.28 御殿場市沼田の集会場から出火 焼失面積84u、損害額1,065万円
11. 4 御殿場茱萸沢でトラックが荷くずれを起こし、積載品の100円ガスライターからの漏洩したガスにより出火 焼損車両1台、ガスライター13万6千個を焼失、損害額343万円
平 3. 6.22 御殿場市川島田の作業所(車庫)で不発弾の爆発事故 この事故に伴い出火 死者2人、現場付近にいた主婦等3名が負傷、焼損棟数全焼1棟、付近の民家14戸の窓ガラスが割れる被害、焼失面積199u、損害額2,132万円
平 7. 4.20 金時山頂で急病人 救助隊が出動、救出活動(救出1名)
6. 1 金時山頂付近で中学生滑落事故 救助隊が出動、県警・防災ヘリコプターと連携し救出(救出1名)
8.10 東名高速道路上り線64.9KPで発生した交通事故で、大型観光バスが大破 バスの乗員乗客43人(死者3人、重軽症者40人)を足柄上消防、神奈川県警高速隊、道路公団と連携し救出(使用車両20台、人員45人)
平 8. 3. 6 東京電力(株)新富士変電所で地震動により変圧器から絶縁油が漏れアークにより出火、損害額2,200万円
平11.11.15 御殿場市萩原地先で建設中の木造3階建て教場及び共同住宅から
出火、焼損棟数1、焼損面積1,950u、車両16台焼失、
損害額6億413万円
平12.12.16 御殿場市神山地先から出火、鉄骨造平屋2棟を焼失、焼損棟数2棟
焼損面積356.4u、車両1台、損害額3,075万円
12.30 小山町小山地先の店舗併用住宅から出火、焼損建物店舗併用住宅3棟、物置2棟を焼失、焼損面積440.94u、損害額2,472万円
平13. 7.24 鉄砲水の久保川で富士岡中学校生徒1名が行方不明、消防団、消防署、県防災ヘリコプターが出動、捜索(捜索人員延べ530人)
7.25 水難救助隊により、水死者1名を発見収容
平14. 3. 1 平13.11.11米国の同時多発テロ事件に伴い、総務省消防庁より、生物・化学テロ対応資機材として陽圧式化学妨護服5着、生物剤検知紙1式、有毒ガス検知管1式、化学剤検知紙1式、化学剤検知管1式、除染シャワー1式、中和剤散布器2器、防毒マスク18式を貸与
平15. 5. 3 御殿場市中畑で不発弾爆発事故 死者1名
平16. 1. 14

国道246号線、萩原北交差点付近にて大型貨物自動車8台による多重追突事故発生。
救助工作車2台、ポンプ隊(水槽付消防ポンプ自動車)2隊、救急隊5隊、隊員25人が出動し、4名の要救助者を救出

 10. 21

御殿場市深沢地先、のんと橋、台風23号の影響で男性1名が水死。救助工作車1台、消防ポンプ自動車1台、指令車1台、資機材搬送車1台、救急車1台、隊員24人が出動。

 12. 5

台風27号の影響で御殿場市塚原地先にて家屋が倒壊、負傷者3名。救急隊1隊3人が出動。
平成16年の台風上陸個数は、気象庁の統計開始以来の記録(6個)を大きく更新し10個を記録。

平17. 8. 15

富士山御殿場口、大石茶屋付近にパラグライダーが墜落。指揮車1台救急車1台、山岳救助班2隊が出動。

 9. 13

国道138号線、仁杉バス停付近にて自衛隊トレーラーによる多重追突事故が発生。救助工作車1台、化学車1台、救急車5台が出動し負傷者12名を搬送。

平18. 4.  2

東名高速道路下り線91.1KP付近にて9台が関連した多重事故が発生。救助工作車2台、消防ポンプ自動車2台、救急車4台、他に裾野市消防本部救助工作車1台、救急車1台、長泉町消防本部救急車1台、三島市消防本部救急車1台、沼津市消防本部救急車1台の応援出動により、負傷者13名(要救助者7名)を搬送。

平19. 9.  6

台風9号による御殿場市の被害は床上浸水13戸、床下浸水31戸、特に富士岡地区は黄瀬川の氾濫により、甚大なる被害を受ける。被害総額3億4千百万円 総雨量631o 小山町は鮎沢川の氾濫により、生土地区の護岸の破壊をはじめ、各所で甚大なる被害となる。被害総額3億8千4百万円 総雨量338mm

平20. 6. 11 御殿場市新橋地先の商店街から出火、全焼1棟、部分焼3棟、焼損面積325u損害額6,765万円
 12. 6 金時山乙女側登山道山頂付近で急病人、箱根町消防、御殿場消防が出動、
県防災ヘリコプターと連携し、1名を救出。
平21.11.  1 富士スピードウェイ内ドリフトコース駐車場で卓上コンロ爆発事故、6名が負傷。指揮隊1台、消防車2台、救助工作車1台、救急車3台、ドクターヘリ3機(東部・西部・東海大)出動。
平21.11. 16 須走オートパラダイス付近で観光バスと乗用車の正面衝突事故、9名が負傷。指揮隊1台、消防車1台、救助工作車1台、救急車5台出動。
平22. 9.  8 小山消防署管内風水害災害、台風9号の影響で野沢川の氾濫により、小山 地区下野沢橋が決壊し、藤曲地区の六合橋付近の護岸の破壊及び須川の氾 濫により養魚場が破壊された。また柳島地区の町道足柄三保線が決壊する など各所で甚大なる被害となる。
なお、この災害により小山町の被害は住宅全壊6件、大規模半壊7件、 半壊18件、床上浸水14件、その他全壊8件、その他大規模半壊2件、 その他半壊6件、その他床上11件、床下浸水94件、その他床下13件 土砂崩れ92件、水路被害32件、護岸決壊14件、道路崩落29件、 河川被害12件、倒木6件、土嚢要請24件、通行止め21箇所、断水なし 停電なし。
時間雨量最大97.0o 総雨量367.0o(小山消防署)
時間雨量最大127.5o 総雨量593.5o(小山消防署須走分署)
平23. 8. 21 東名高速道路上り線65.2KPでワゴン車の単独横転事故が発生し、1名死亡、9名が負傷 指揮車1台、消防車1台、救助工作車1台、救急車5台、隊員23名が出動し負傷者9名を搬送
平23. 9. 21 台風15号(浜松市上陸)の影響で市町内各地において、風水害の被害が発生した。特に御殿場市では、最大瞬間風速45.9m/sを記録し、家屋の一部破損10棟、倒木などの風による被害が目立ち、負傷者も3名発生した 停電(御殿場市8区 小山町3区)
時間雨量最大54.5o 総雨量363o(御殿場消防署西分署)
時間雨量最大63.5o 総雨量484o(小山消防署須走分署)


消防本部・署の歴史   主な災害   御殿場・小山消防の組織
御殿場市、小山町の火災・救急の状況   住宅用火災警報器の設置が義務付けられました
   消防本部・消防署の仕事   消防署の一日   消防車・救急車の紹介
救助隊   水難救助隊   音楽隊
あなたにできること   申請書ダウンロード   消防年報

Copyright(C)Gotemba City - Oyama Town Regional Administrative Association. All Rights Reserved.