本文へ移動
在宅酸素療法時における火災予防上の留意事項について
2021-09-22
在宅酸素療法時の火気の取扱いにご注意ください

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、在宅酸素療法を行う自宅療養者が増加しています。
在宅酸素療法に使用する酸素濃縮装置、液化酸素装置及び酸素ボンベの使用中に、喫煙などの火気使用が原因と考えられる火災が発生していることから、在宅酸素療法を行う際は、酸素吸入時の火気の取扱いについて、以下の事項に十分注意してください。


在宅酸素療法を受けている方やそのご家族様にご注意していただきたい事項

     1.高濃度の酸素を吸入中に、たばこなどの火気を近づけるとチューブや衣服など
       に引火し、重度の火傷や住宅の火災の原因になります。
 
     2.酸素濃縮装置等の使用中は、装置の周囲2m以内には、火気を置かないでくだ
       さい。特に酸素吸入中には、たばこを絶対に吸わないでください。
 
     3.火気の取扱いに注意し、取扱説明書どおりに正しく使用すれば、酸素が原因で
       チューブや衣服などが燃えたり、火災になることはありませんので、過度に恐
       れることなく、医師の指示どおりに酸素を吸入してください。
 



 ※本ページに関するお問い合わせ先
    担当課:消防本部 予防課
    所在地:御殿場市東田中一丁目19番1号
    電 話:0550(83)0119
    FAX:0550(82)7153
    受 付:午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)

TOPへ戻る