本文へ移動

屋外で大規模な催しを主催される方へ

1.改正の背景

 平成25年8月に京都府福知山市で開催された花火大会において、死者3名、負傷者56名が発生する火災がありました。この火災を契機に、消防法施行令の一部が改正され、対象火気器具等の取り扱いに関する火災予防条例の基準が改正されました。

2.消火器準備の義務

 祭礼、縁日、花火大会、展示会、その他の多数の人が集まるイベントで、対象火気器具等を使用する場合は、初期消火を有効に行うために、「消火器」の準備が義務付けられました。
 消火器は対象火気器具等を使用する者が準備してください。また、消火器の本数は原則として対象火気器具等使用1店舗につき、粉末ABC10型消火器1本です。

3.火気を取り扱う露店等を開設する場合の届出

 祭礼、縁日、花火大会、展示会、その他の多数の人が集まるイベントで、対象火気器具等を使用し露店等を開設する場合は、その実施状況について、消防機関が事前に把握し必要に応じて指導ができるよう届出が義務付けられました。

火災予防上必要な業務に関する計画提出書ダウンロード

現在、指定されている催しは

現在指定されている催しはありません
TOPへ戻る